世界のキシベから

自称デジタルアーティストとか言ってみる

京都水族館の「ほたるの夜」にいった

スポンサーリンク

京都水族館でホタルの夜っていうイベント?があったので行ってきた。

f:id:fromkishibe:20160625020614j:plain

f:id:fromkishibe:20160625020804j:plain

夜まで時間があったので館内を楽しむ

ちなみに再入場可能なので、付近のどでかい公園とかで遊んでもよさげ。

 

わたしは迷わず館内へ。

まじででかいおおさんしょうおとかいてビックリ。

だけど、

その写真がない

 

まったく。

わたしの保管能力はどうなっているんだ。

 

なんか変なやつがいた。

f:id:fromkishibe:20160625020948j:plain

 

あざらし(生きてます)

f:id:fromkishibe:20160625021108j:plain

なんか、この筒が水槽とつながっていて、

酸素とるときにあがってくるんだ。と、思う。

2匹くらい渋滞してたし。

あざらし的にも人気スポットなんだろう。

 

寝てるんだろうか。かわいい。

 

 

ペンギンたち。

f:id:fromkishibe:20160625021342j:plain

あらためてみると、やっぱ鳥なんだな。

 

定番のイルカショー。

f:id:fromkishibe:20160625021610j:plain

この笛?を吹いてみんなで指示をだす。

コツがいるようで、なかなか音がでない。

f:id:fromkishibe:20160625021657j:plain

ちょっと練習していると、

ヴェって変な音がまったく関係ないときにでた。

 

まわりも結構、ヴェ、ヴェってゆうてたので、

やっぱり難しいんだと思う。

 

それでもなんとか(変な音ながら)でるようになる。

 

一緒にきたひとは、ショーが終わったあとにようやくマスター。

 

「最後の最後にできた」

と満足そうに言っていたが、

 

正確には、

最後の最後までできなかった。が、役割を終えたその瞬間にできた。

が正しいだろう。と指摘しておいた。

 

定番のジャンプシーン。

f:id:fromkishibe:20160625022213j:plain

 

イルカさんは、芸がうまくいったかどうかには、興味がないらしく、

「自分が楽しいかどうか」で芸をするらしい。

 

途中、なんども違う芸をしていたのはそういうことか。

 

そのダメっぷりに

ちょっと親近感が沸いた。

 

かわいいイルカと、真剣なトレナーたちに感動。

 

大水槽。

f:id:fromkishibe:20160625022544j:plain

海の中のようだ。

 

中庭があったり、

f:id:fromkishibe:20160625022748j:plain

 

オットセイがケンカしてたり、

f:id:fromkishibe:20160625022848j:plain

クラゲとか変な生き物がいたり、

f:id:fromkishibe:20160625022939j:plain

と、まぁ。楽しんでいると、夜に。

 

 

このちょうちんを持って暗くなった館内を歩く。

f:id:fromkishibe:20160625023402j:plain

f:id:fromkishibe:20160625023430j:plain

ホタルは、小さな水槽のような場所にいて、

LEDのように光っていた。

 

そう、

それを撮りにきたはずなのに。

 

 

その写真が、ない。

 

・・・。

 

・・・・。

 

 

・・・どこからともなく、

遠くでイルカの笛が聞こえた。

 

ヴェ。

 

 

センキューフロムキシベー