世界のキシベから

自称デジタルアーティストとか言ってみる

頭がどんどんよくなるどんどんどんどんどんどん

スポンサーリンク

最近、あたまの回転がかなり良くない。

 

これはこまった。

こまるー

 

こまったぁ

 

ん?

なに??

 

なに困ってたっけ?

 

・・・ってことで。

人と会うことにした。

 

頭の回転を高めるには、頭の回転がいいひとと話したらええときいたことあったんで、

やつを召還。

f:id:fromkishibe:20160316131247j:plain

 

ロケ地「喫茶店VICTOR」

f:id:fromkishibe:20160316131353j:plain

 

せっかくなので、最新IT技術情報などを仕入れるため、

専門家の彼と情報交換することに。

 

彼は本日多忙のため、あまり時間がさけないらしい。

 

「忙しいんだよ、われわれは」

 

遠くをみつめながら、

めまぐるしい現代社会にむかってタバコの煙を吹きかけていた。

f:id:fromkishibe:20160316131943j:plain

 

かれは、いう・・・

 

4Gと3.9Gがどうたら・・・

 

電話料金がさがらない理由がどうたら・・・

 

どうたら・・・

 

そう、どうたら・・・

 

そう、とても、いろいろ彼は教えてくれた。

どうたら、と。

 

わたしは、変わりに梅田にできたという「相席居酒屋」の料金設定について熱くかたってあげた。

 

なんて、有意義で、フェアな会話なんだろうか。

これぞ、まさにフレンドリーシップではないだろうか。

 

そして、彼はいう。

 

「さぁ、いこうか。われわれはいそがしいんでね」

 

それはそうだろう。

 

彼ほどの技術者。

きっと、いろいろな場所から多彩なオファーがあり

1分、1秒とムダにはしていられない。

 

つぎのパラダイムシフトが彼を必要としている。

 

ちなみに、このあとどこへ行かれるんですか?

 

 

「ああ。子供をお風呂にいれるんだ。」

 

 

そう、彼は、多忙だ。

 

 

センキューフロムキシベー