世界のキシベから

自称デジタルアーティストとか言ってみる

このブログについて

はじめまして。

 

普段は、mamooru(マモール)という名前でプログラマやデベッロパーとして、WEBシステム・アプリなどの開発をしています。

近未来研究|VR/AR/システム開発 | マモール | mamooru

 

■ ほぼブログやサイトの更新告知用のfacebookですが

御気軽に友達になってください♪

https://www.facebook.com/sasagawamamoru

 

ちょっと前につくったハンドスピナーアプリわたし

f:id:fromkishibe:20170907125534j:plain

ハンドスピナーアプリ

 

そんな私のとりとめもない雑談・・・もとい、IT情報発信ブログだったりします。

※ラーメンの話多め

 

ちなみに、脱出ゲームというゲームジャンルが好きで、

そのアプリや、謎解き脱出ゲーム問題などもつくっているので、

そちらも楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

■ つくった脱出ゲームアプリ一覧

脱出ゲームおすすめアプリ Myあぷ!

 

■ ユーザー様参加型の謎解きサイト

脳トレ謎解き!何個わかる?なぞ謎お絵描き

 

 

コメントをいただいても返信をしない、だめな私ですが、

コメントはもらえるとやっぱり嬉しいようです。

 

もし、システム案件や、アプリへの取材等、個別にご連絡されたい場合、

ここのブログ記事のコメント欄より、ご連絡ください。

 

また、アプリやWEBサービス等をご紹介・攻略・告知していただくことは、

許可なく行っていただいても、まったくかまいません。どうぞ、ご自由に♪

 

 

【ブログメニュー】

 ■ 新着情報 / プレスリリース

開発したWEBサービスや新作アプリ等に関する記事一覧

 

   

一度見ればもうおなか一杯になる公式サイトができました。

mamooru.com

 

ブログ用のツイッター

twitter.com

 

センキューフロムキシベー

5人の家族写真(子ども・ママ・パパ・おじいちゃん・おばあちゃん)から人工知能で子どもが誰に似ているか判定する

前回、人工知能を使って家族3人が写った写真から、子どもがパパorママどっちに似ているか判定する機能を作ってみたけど、

人工知能を使って家族写真からパパ似かママ似か判定するサイトを作りました。 - 世界のキシベから

 

今度は、5人家族バージョン!

パパ、ママ、子ども、おじいちゃん、おばあちゃん

の場合どうなるか気になるので作ってみた。

 

てか、まだやってたのか?という素朴な疑問はさておき。

 

↓できました。

家族写真パパ似?ママ似?おじいちゃん?おばあちゃん?

 

人工知能様が、顔年齢と性別を判定してくれるので、それをきりわけて、

ごにょごにょして、さらに、似ている顔を捜す!

 

しかし、この人工知能様は、

おばあちゃんをおじいちゃんと判定したり、

70歳くらいのひとを90歳に判定したり、

ちょっとだったりもする。

たぶん、仕様が外国人の顔をベースにしているんだろうか?

どうだろうか。

 

だけど、一応できました

 

うん、動いてるんじゃ・・・ないだろうか??

 

ちにみにプログラミング言語PHPで書きました。

 

f:id:fromkishibe:20171206203354j:plain

 

おまけ

ガンプラEXPOに行ったと、日経新聞にのったよーという記事に祝福コメントいただきありがとうございます!

また祝福されるようなことがあるよう頑張っていきたいと思います!

ので、引き続き応援いただけると嬉しいです!

人工知能を使って家族写真からパパ似かママ似か判定するサイトを作りました。

厳密にはAIじゃないっぽいんだけど、

まぁ似たような技術を使って1枚の家族写真からパパorママ似を判定する機能をつくりました。

 

使い方は、

子ども(赤ちゃんがベスト)と、パパママが一緒に写ったつまり3人の集合写真をアップすると、

写真のこどもがパパに似てるのかママに似てるのか判定します。

↓下記のサイトです。

家族写真パパ似?ママ似?

 

学習がてら、いつものように突貫で作ったので、

変な動きになるときもあるかも知れませんが、

それはご愛嬌ってことで。

 

よかったら、試してみてください。

そして、私には、子どもはおろか、奥さんもいません。という今回のオチでした。

 

機械学習の勉強会に行ってきた

PLAN-Bさんという関西ではなかなかに急成長著しいIT企業さんが機械学習の勉強会を開催してくれていたので行って来ました。

f:id:fromkishibe:20171126025643j:plain

 

後援されていたのは、渋谷のヒカリエでおなじみヒカラボさん。

たぶん、技術者のかたは、ご存知のかたも多いかもしれません。

 

 

参加させてもらったのには、登壇されていた技術者の方と、たまたま偶然なご縁があったのがきっかけだったりしました。

 

なんて、立派な方になっているんだ。

と登壇されている姿に感動しました。

 

 

サーバー基盤周りから、ビッグデータの扱いやログの管理、実際の機械学習の使用方法などなど、幅広くカリキュラムがあり、

座学だけでなく、実際にプログラミングを行なうハンズオンなどもありました。

 

たっぷり4時間。

 

そのハンズオンでは、パイソンを使って、マイクロソフト(azure)さんが提供しているAPI(通信を介して機能を提供してくれる仕組み)を使うと、かなりあっさりと手書き文字認識フォームが作れました。

 

漠然としていた機械学習の使用方法がふわっと理解できた気がします。

 

話しは前後しますが、たとえば統計学を使って、いままでのデータから未来予測を行なう場合、AR/MAとかARIMAとかSARIMAとか手法があるかと思うんですが、

 

統計学なんてまったくやってこなかった私は、このへんがあまり、イメージでつかめていなかったんですが、

 

結局、時系列分析のときは、未来予測がしやすい正規分布をみつけたら正義なんだ

という、本当に理解できているのか怪しい理解で、自分を納得させることに成功しました。(異論は受け付けておりません)

 

その後、懇親会などもあって、たくさんの賢い方に囲まれ、少しは、普段つかっていない私の脳にもいい刺激が与えられたんではないだろうか、と期待している次第です。

 

また、お久しぶりにお会いさせていただいた立派になられた技術者のかたとも、

今後もお会いできる機会がありそうで、そちらもなにげに期待していたり。

 

ちなみに、勉強会には素敵なリケジョ(理系女子)の方々もおられ、ちょっとテンションがあがりました。

コンパイラと闘う女子には誰もが萌えるはずです。

 

と、いった感じでとても楽しめました。

 

PLAN-Bさん、リバテックさん、参加させていただき、本当にありがとうございました。

 

ちなみに座学はビールを飲みながらという、斬新なスタイルだった。