世界のキシベから

自称デジタルアーティストとか言ってみる

平成22年と29年で日本人の「平均余命」が変化していた。

スポンサーリンク

私は、マモールプロジェクトという名称で

アプリを作っていたりするんですが、

(ご存知のかた、おられましたら、いつもご声援・ご支援ありがとうございます!)

 

以前から「あなたの「残り」の人生時計」

バージョンアップを何度か行なっていて、

 

【あなたの「残り」の人生時計】アプリ

mamooru.com

※ ご覧いただけると、嬉しいです。

 

このアプリは、

厚生労働省の発表している各世代の「平均余命」をもとに、
現在の年齢・性別とを再計算して、
あなたの残り時間を「時計」にするアートコンセプトアプリ。

 なのですが、

 

今回のアップデートで、そのおおもとの参考データ

厚生労働省発表の「平成22年度 簡易生命表「平成29年度版」に移行しました。

 

■ この7年間での各世代の変化

f:id:fromkishibe:20181128194940j:plain

平成22年と29年を比べると、ほとんどの世代で、平均余命が増えていますが、90代は少し減少傾向にあるようです。
※データは複数回、正誤確認していますが、
その保証をするものではないことをご理解いただき、

詳しくは、出典にてご確認ください。

出典:厚生労働省ホームページ
■ 平成29年簡易生命表の概況
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life17/index.html

■ 主な年齢の平均余命
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life10/01.html

 

普段、こういった統計値を意識したりすることは、

あまりないかもしれませんし、

 

私自身、この数値を扱うのが少し怖いというか、

色々なことを思い出し、とても切なくなります。

 

しかし、私には、その感情がとても大切なことだとも思えています。

 

迷ったとき、立ち止まったとき、
誰かに冷たく接してしまうとき・・・

この時計を見つめると、
なにか、べつの「答え」が見えてくるかもしれません。

この文言を、 

このアプリのテーマとさせていだいております。

 

よければ、一度ご覧下さい。 

mamooru.com