読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のキシベから

君がキシベと言ったから今日はキシベ記念日

エス コヤマのロールケーキを食べた

お菓子 スイーツ カフェ
スポンサーリンク

しゃべくり007で大泉洋が絶賛したっていう小山さんがつくったロールケーキを買いに行った。そう、兵庫県三田市まで!!

 

予約しないと買えないんじゃないかと心配したが、一応電話して、

並んでいただければ、夕方までにお越しいただければ買えますよ!と教えてくれた。

 

・・・それにしても、遠いっ!!

 

これはドえらいとこまできてしまったっていう感がハンパない写真がこちら・・・

f:id:fromkishibe:20160421234350j:plain

f:id:fromkishibe:20160421234453j:plain

すると、突然行列が。。。!

 

め、めちゃくちゃ並んでる!!

f:id:fromkishibe:20160421234546j:plain

覚悟を決めてならぶ。

 

待っているあいだも、中庭がなかなかオシャレで、

結構楽しめる。

f:id:fromkishibe:20160421234725j:plain

f:id:fromkishibe:20160421234755j:plain

さすが、気が利いている。

 

そして・・・

f:id:fromkishibe:20160421234920j:plain

 

ついに・・・

(おしゃれな保冷バッグは別料金)

f:id:fromkishibe:20160421235034j:plain

 

ゲット!!

f:id:fromkishibe:20160421235139j:plain

 

もう買えただけで満足!

 

だけど、

もちろん食べる。

f:id:fromkishibe:20160421235244j:plain

生地は、さすが、こだわりの味わい。

 

黄色の部分は、しっとりしたカステラ生地を連想させる。

また表層の茶色の部分は、どこかビターさをもつ。

 

生地自体の味が階層化されているのだ。

 

そして、甘さと香りの中心は、生クリームと、カスタード。

 

生クリームはきめ細かく泡立っているので、

口の中ですぐに溶け、サッと爽快な食感が楽しめた。

 

ゴコクや、堂島ロールが好きなひとにも、(とうぜん)納得のレベルに達している。

 

また、この栗がいいアクセントとなっている。

 

ここまでで、

「和」を意識していることは間違いない。

 

なにより栗がいわゆるマロングラッセっぽくなっていないのが、その証だとおもう。

そこには、「素材の味を際立たせる」という精神も宿っているのだ。

 

海原きしべはおもった。

 

ロールケーキという単一的なテーマでありながら、

まさかここまでの引き出しを表現するとは・・

 

これは・・・

 

まさに・・・

 

ロールケーキの万華鏡や~!!

 

 

ということで。

 

星は・・・

(買いにいった労力もあわせて)

4つ!

 

ご静聴ありがとうございました。

 

 

センキューフロムキシベー