世界のキシベから

自称デジタルアーティストとか言ってみる

大阪のゲーム開発勉強会にいった

スポンサーリンク

ゲーム開発に最近Unityを使ってるのでソレ系の勉強会をさがしたら、

グランフロントでやっていたのでいってみた。

 

いわゆる。

オタクな勉強会です。

 

講師のひとたちは書籍とかも結構だしてる有名人。

(といってもゲーム開発してるひとにとって。)

 

で、当日。

f:id:fromkishibe:20160302012432j:plain

 

ぐらーんふろーんと!

あらためてみるとでかい。

てっぺん見えない。

 

こんなとこで勉強会って・・・

おそるべし、IT。

f:id:fromkishibe:20160302012759j:plain

会場は9F?だったので

グイーンとのぼる。

 

すると、スーツを着た

金持ちそうな集団が・・・

 

f:id:fromkishibe:20160302012859j:plain

 

え?!

今日ってスーツ着用。。。??

 

はい、いつものだっさい私服できてます。

 

とりあえず、スーツ集団のアトについていく。

 

!?

 

ほんとかよ・・・

っていうくらいデカい会場に

高級スーツ、高級スーツ、高級スー・・・、

 

そしてキレイすぎる美女の受付嬢たち・・・

 

え、規模でかすぎない!?

 

そして、

会場からただよう

勝ち組オーラ・・・

 

こ、こんなトコでひるんではいけない。

 

わたしも開発者のはしくれ。

なにを恥じることがあろう。

 

土俵は同じ!

 

ひかぬ!こびぬ!かえりみぬ!!

 

どーん!と前にすすむと、

モーニングをきた係りっぽい人がすかさずワタシのほうへ・・

 

『あの、失礼ですが受付はおすみでしょうか?』

 

なんて無礼な。

ちゃんとネットで予約してここにいるんだ。

 

ひとを見た目で判断してはいけない!

 

「ああ、大丈夫。問題ありません」

 

『え。は、はぁ、そうですか・・・』

 

不審そうな目がやむことはけっして無い。

 

この無礼なモーニングは無視して、私は会場の中へ。

 

そして、

 

そして、

 

そして、

 

 

 

【人工関節カンファレンス会場はこちら】

※お医者様たちの集い

 

・・・会場が、違ったようだ。

 

モーニングの「やっぱり」という目が気になる。

 

「はじまる前に英字新聞でもよみにいくかぁ」

とブツブツいいながら会場をあとにした。

 

結論

 

となりの建物でした。

 

f:id:fromkishibe:20160302014516j:plain

 

やだ、なにこのかわいい看板。

 

あたたまるわー

家帰ってきた気分

 

中の様子。

f:id:fromkishibe:20160302014650j:plain

 

スーツ皆無!

 

ですよね!

 

今回の講義は、UE4の話なのでいつも使っているUnityとはC#がかぶってるだけ。

 

でも、実際はUE4はGUI操作でする内容だったので、

ゴリゴリソースの話はなかった。

そもそもUE4ってそうゆう開発じゃないのかも?

 

勉強会の構成は時間ごとに分かれていたので、他にもいろいろ知ることができた。

 

Live2DとかVRとかARとかもちょっとだけあった。

 

帰りにはUnityの書籍ももらえて、参加費は無料。

かなりオトクじゃないか!!?

 

開発トピックだけでなく、最新トレンドとかも知れるし、

なにより開発者同士の会話がめっちゃ楽しい。

 

個人でやってるひとも結構いてるので、苦楽がすぐに共感できる。

 

技術系勉強会にいったことのないひとは、ぜひ一度。

 

ってことで。

 

センキューフロムキシベー