世界のキシベから

自称デジタルアーティストとか言ってみる

フォトショップ超初心者のための基本の「き」~資料~

スポンサーリンク

これさえ出来ればもう完璧!って超カンタンすぎるざっくり学習!
ホームページや広告など、デザインを作るときに使うソフトである
イラストレーター(illustrator)やフォトショップPhotoshop)、
そのフォトショ(フォトショップの略称)の基本の「き」をすっごくざっくりと学びます。

 

以下は、大阪で開催される勉強会の資料です。

当日はこの内容をもとにレクチャーします。

 

 

f:id:fromkishibe:20160224192519j:plain

f:id:fromkishibe:20160224192455j:plain

f:id:fromkishibe:20160224192951j:plain

f:id:fromkishibe:20160224193009j:plain

f:id:fromkishibe:20160224193026j:plain

f:id:fromkishibe:20160224193043j:plain

f:id:fromkishibe:20160224193106j:plain

f:id:fromkishibe:20160224193118j:plain

 

【テキスト版】

※マンガと同じ内容です。

 

ホームページや広告など、デザインを作るときに使うソフトである
イラストレーター(illustrator)やフォトショップPhotoshop)、
そのフォトショ(フォトショップの略称)の基本の「き」をすっごくざっくりと学びます。


初心者だろうと、むしろはじめてイラレ・フォトショをしったってひとでも大丈夫!
っていうか、そのレベルじゃないとむしろお帰り下さい。

あなたにはこのお話は不要です。


■ 「つまづきポイント」ごとにお話はすすむ予定です。

 


■ フォトショってそもそもなんのソフト?

→ザックリ言うと、パソコンで絵を描くソフトです。

デザインのプロ用ソフトなので地味に高いです。
ググッたら単体で23,300円してました。
イラレとかも全部コミコミなら20万超えてました。
てか、最近は月額のクラウド版?が主流だったりするようです。
フォトショに限っては他にもちょっと機能が少なめのもの(Elements)が17,423円だったりしてます。

 

■ 絵ってどんなものが描けるの?

→すっげーカッケー絵から、すっげーダサい絵まで描けます。

ようはスキル次第で、静止画ならなんでも表現できます。
まぁ、今回はチューリップの絵を描く事をもとにお話をすすめます。
なぜかって?
だってそれさえできれば、もうあとはググる力とセンスでなんでもできるから。そう、フォトショップならね。

 


■ どういった操作手順?

→基本的には「画像を読み込む」「PCに直接描く」「文字配置」の3パターンさえできればOK

この3つの手順を繰り返してみんな操作してます。

 

■ さっそく開いてみよう!

→そうしよう!

 

(ソフトを起動します)

 

 

■ で、なに?

→絵を描くサイズを決めます。
なにはともあれ、どれくらいの大きさの絵にするか決めます。

 


■ は?大きさってなに?

→(めんどいし・・)A4サイズでいいです。紙のA4の大きさをつかうってことさ
紙に印刷するか、PCデータにするかで地味に変わってくるんですが、
もうそんなのもっと上達してから気にすればいいよ。

 

 


■ で?


じゃあ、さっそく
この「PCに直接描く」で大切な3つを抑えよう!

「筆」「選択範囲」「レイヤー」

これえ知れば、もうあとは自由に描いてなれていくだけ!

 


■ 筆?これか?

→筆を使って描いてみます。
そう、簡単に描けたね!
これが「PCに直接描く」ってこと。
実際はもうこれだけもOKだ!
ちょっといろいろ描いて楽しんでみ。

 

■ あれ?もっとかきたいけど消せん
→消しゴムツールだね。

 


■ 大きくしたい!
→虫眼鏡さ!(ctr + + or - でもOK)

(色を変えたり、線の太さを変えたりできるよ)

 

 

 

 

 

■ この枠で囲うのか?
→そうだね!で、どばーっとバケツやってみ。


だいぶ慣れてきたね、
じゃあ次は「選択範囲」。
ここからプロっぽくなっていくよ!

 

■ 簡単ジャン♪

→イメージさえつけば簡単だね!
操作したい範囲だけを選択したってこと!
けど、このカンカクはとっても大切!

つぎの「レイヤー」が待っているよ!

ちょっとなれてみよう!

 


■ レイヤー?は?なにそれおいしいの?

サランラップのような、重なってる状態さ!

ここが一番みんなが挫折するところだ。
じっさいはとっても簡単なのに一人で勉強するとわかりにくい!

レイヤーは1枚1枚が独立しているんだ。
ほかのレイヤーに描いたものは、自身のレイヤーには影響しない!

 


ではではいままでの操作を使って、
実際にチューリプを完成させてみよう!!

うまくチューリップは出来たかな??

 

 

これで、
フォトショップ
「PCに直接描く」「画像を読み込む」「文字配置」のうち、
一番大事な一つ目が終了した。
というか、これだけで、ほんとうにフォトショつかえるよ!
というレベルになっているんだよ!


あとは、なれと小技を色々知っていくだけで
メキメキいろんなことができるようになるよ!


じゃあ、最後に保存と出力をしよう!

フォトショップは、
いまの状態を「保存」するとpsdデータができるよ!
拡張子が表示されていないとでない)

そして、


この画像を「出力」するんだ。

これは少し分かりにくいから

また、「画像を読み込む」などでお話したいな!


今日はそのまま
「webおよびデバイス用に保存」でPNGにしておこうか!
そして保存すると、PNG形式の画像データができあがるよ!


この辺がワードとの違いで分かりにくいね!

ワードで作成したものをPDFデータにするイメージに近いのかな?
余計わかにくいとゴメンね!


ではでは、記念すべき一枚を持ち帰ってね!


また次の「画像を読み込む」「文字配置」は結構カンタンで面白いので、
ぜひ、次の機会に会えるといいな!

んじゃ。