世界のキシベから

自称デジタルアーティストとか言ってみる

マモールプロジェクトのメンバー様が40人を超えました!

いや、

 

え、

 

なぜ・・・??

 

とくに、

何をするでもない、

目的がないどころか、

 

ただ、

マモール(私)とゆる~くつながる

 

というコンセプトだけの公式サイトに、

 

40名もの方がメンバーになっていただけました!

f:id:fromkishibe:20180531184722j:plain

マモール Project公式サイト

 

感謝どころか、

ちょっと恐れ多いです・・・

 

メンバーにご参加いただき、また、

ご声援、本当にありがとうございます!

 

これからも、

みなさんと楽しく楽しめることをモットーに、

なにかを作り続けていく予定ですので、

引き続き、生暖かく見守っていただけたら、とても嬉しいです!!

 

それでは、ほんとうに感謝を込めまして。

Google Chart APIを使えばQRが簡単に作れるらしい

知らなかった・・・

QRコードが必要なとき、わざわざ生成してたけど、

 

Google Chart APIを使えば、簡単に、動的に作れるようです

 

あらためて、ググるって大切。

と思った。

 

使い方は、下記サイト様参考に。

「Google Chart API」を使ってQRコードを生成する方法。 - ONZE

 

ってことで、

さっそく、グルメ部のQRコードを動的に作ってみました!

■ グルメ部URL(http://whatsjp.com/opensite/gourmet/)のQR

 うん、いい感じだぁ

 

■ 前回の記事にてコメントをいただきました!

ありがとうございます!!

 

さすが、脱出が大好きな皆様は、

こそっと告知しただけの情報すらすぐ手中に収めていました・・・

6月13日、ついに投稿型 謎解きサイトオープン予定です!

すごい

kishibeworld.hatenablog.com

 

メンバーズサイトへの御便りも、ありがとうございます!

・・・公開日、遵守できるように頑張ります!!

マモールproject メンバーズ

 

 

 

謎解き作ってみました~解けそうな人、1分以内で挑戦してみて下さい!

脱出ゲームがなかなかリリースできず、

謎解き作りもかなり久々なのですが、

作ってみました

 

ちなみに、

難易度は、「ボーダー」。

1分以内にこれが解ければ、

脱出ゲームのセンスがあると思います。

 

作っておいてなんですが、多分、私は解けません。

 

では、

はりきってどうぞ。

f:id:fromkishibe:20180529163536j:plain

 

正解は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「音」

 

 

どうでしたか?

解けましたか??

 

また作る予定なので、

よかったら挑戦して下さい!

 

 

 

 

アンドロイドOSのバージョンごとのシェア率を知った

いつもスマホアプリを作ったりしているのに、

私の持っているスマホはアンドロイドOSのバージョンが

Android4.4.4以上にアップデートできない機種だった

(ちなみに最新OSはAndroid 8)

f:id:fromkishibe:20180527163304j:plain

いつの時代のスマホだ・・・と思われそうだけど、

いままで特段影響はなかった。っと思ってた。

 

 

けど、実は、アプリ開発時において、

Android6以降からruntime permissionという部分が

変更になっていることを知る。


ってことで、開発用にスマホを機種変更して、
アンドロイド7にしてみた

f:id:fromkishibe:20180527163623j:plain

これで、runtimeナントカに対応したアプリが作れそうです。

 

で、

そこで、ちょっと気になったのが、

皆はどのバージョンのアンドロイドOSを使っているのだろうか?

という素朴な疑問。

 

ちゃんと統計がでているようです。

 

一番多く使われているのは、

Android 7.0(27.153%)で、

次は、

Android 6.0(20.880%)、

そして、

Android 8.0(16.125%)とのこと。

smatabinfo.jp

 

わたしの使っていたAndroid 4.4ともなると、

6%台・・・

多分、シェア率の低いバージョンだと、今後、

そのOS用のアプリが減っていくので気をつけたほうがいいかもしれない。

 

あなたのOSは何パーセントの人が使っているものでしたか?

と言う感じで、締めてみる。